「明日のひこうき雲」  請求記号:931ヤツ

「明日のひこうき雲」  請求記号:931ヤツ
最終更新日:2017年12月06日

八束澄子著
ポプラ社

 遊は中学2年生の女子。母は仕事を頑張り過ぎて病気がちに。心配はしているけれども、どう接すればいいのかわからない。そんな遊が心を開いて話せるのは親友の満里だけだった。ある日、ぼんやり窓の外を眺めていると、ある男子と目が合った。その瞬間から遊の頭は彼のことでいっぱいに。今まで感じたことのない感情に突き動かされ、遊は彼の所属するサッカー部にマネージャーとして入部しようとする。しかし、そこには大きな壁があった。

ページの先頭へ