西宮市内の小・中学校の先生へ

西宮市内の小・中学校の先生へ最終更新日:2016年12月21日

西宮市立図書館では、「西宮市子ども読書活動推進計画」に基づき、学校との協力・連携に取り組んでいます。子どもたちが本に親しみ、自主的に学ぶ機会を提供するために、公用貸出、ブックトーク、図書館見学や職業体験などの様々なサービスを行っていますので、どうぞご利用ください。


下記の利用の手引きをお読みいただき、図書館をご活用ください。

目次

公用貸出

公用貸出の例「平和セット」公用貸出の例「平和セット」

公用貸出は、「平和」や「昔のくらし」、「環境」など、学習のテーマに合せた資料をまとめて学校に貸出するサービスです。調べ学習や朝の読書、展示などにご活用ください。テーマはご相談に応じますので、最寄りの図書館にお問い合わせください。貸出冊数はテーマごとに40冊までです。貸出・返却には学校教育課の配送便もご利用いただけます。

ブックトーク(テーマに沿った本の紹介)

2年生の「日本の昔ばなし」ブックトークの様子2年生の「日本の昔ばなし」ブックトークの様子

ブックトークとは、テーマに沿って複数の本を順序だてて紹介するものです。「平和」「昔話」など、学年によって様々なテーマを準備しています。テーマはご相談に応じますので、最寄りの図書館にお問い合わせください。授業の導入や行事の事前学習にぜひお役立てください。

図書館見学

図書館の仕事や施設・設備を知ってもらうため、館内を職員が案内します。また、図書館の利用方法や受けられるサービス内容、本の探し方などの説明をします。

トライやるウィーク(職業体験)

図書館では、中学校2年生を対象に行われるトライやる(職業体験)を受け入れています。

パスファインダー

パスファインダー(Pathfinder)とは、特定のテーマについて調べるための資料や情報の探し方をわかりやすく紹介したものです。

調べ学習や宿題など、いろいろな場面でご活用ください。


調査・相談

授業に必要な情報・資料の提供、調べもののお手伝いもしています。

随時受け付けておりますので、最寄りの図書館にお問い合せください。


上記の項目以外でも、ご要望がございましたらお気軽にお問い合わせください

ページの先頭へ