個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて最終更新日:2011年10月12日

西宮市立図書館では、個人情報の収集・利用・管理について、「西宮市個人情報保護条例」及び地方公務員法第三十四条の守秘義務(昭和二十五年)、さらに「図書館の自由に関する宣言」(日本図書館協会 1954年採択・1979年改訂)に基づき、次のとおり適切に取り扱います。

目次

個人情報とは

「西宮市立図書館ホームページ」を通じて提供を受けた、個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいう。

個人情報の収集および管理

  • 「西宮市立図書館ホームページ」を通じて個人情報を収集する際は、利用者ご本人の意思による情報の提供(登録)を原則とします。
  • 個人情報の収集は、図書館サービスを行う上での必要最低限の範囲でこれを行います。
  • 利用者の読書事実、利用事実は、図書館が業務上知り得た秘密であって、すべての図書館職員は、この秘密を守ります。
  • 個人情報として、氏名・生年月日・住所・電話番号・市外通勤者勤務先・市外通学者通学先を登録期間のみ記録しますが、予約資料や貸出期限日切れ資料の連絡や利用統計のためにのみ利用します。
  • 利用者個人の貸出記録は、資料の貸出期間だけ利用者の情報と資料情報がセットで記録され、返却されると記録を消去します。したがって、以前お借りになった資料についてお尋ねいただいてもお答えできません。ただし次の場合は除きます。
  • インターネットサービス「マイ図書館」へのログインパスワードをお持ちの方で、「マイ図書館ポータル」画面の「読書履歴設定」で読書履歴を残す設定にされている方は、設定日以降の貸出履歴を残すことができます。ただし、この機能はインターネット上で利用者ご本人のみが使用できる機能のため、図書館にお尋ねいただいても貸出記録を見ることはできません。
  • 貸出記録と実際に借りている資料が違っている場合には、訂正させていただきますのでお申し出ください。
ページの先頭へ