JavaScriptを有効にするには

JavaScriptを有効にするには最終更新日:2011年10月12日

「西宮市立図書館ホームページ」では、より便利にご利用いただくため JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。 ご使用のブラウザ設定でこれらを無効にされている場合、蔵書検索など一部の機能が利用できません。ご利用の際には有効にしてください。

お使いのブラウザに該当する項目をクリックしてご覧ください。

目次

Internet Explorerの場合

  1. Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。(メニューバーが表示されていない場合はキーボードのAltキーを押すと表示されます。)
  2. 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。
  3. [セキュリティ]をクリックします。
  4. 「インターネット」(地球マーク)が表示されているのを確認してから、[既定のレベル]ボタンを押します。ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されているので、手順5に進みます。
    また、次の方法でも可能です。
    1. [レベルのカスタマイズ]ボタンを押して、「セキュリティの設定 - インターネットゾーン」を表示します。
    2. 「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]で、それぞれ[有効にする]を選びます。
    3. [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。
  5. [インターネットオプション]に戻るので、[OK]ボタンを押します。

Firefoxの場合

  1. メニューバーの[ツール](Macの場合はメニューの[Firefox])をクリックし、表示されるメニューで[オプション](Macの場合は [環境設定])を選択します。
  2. オプション画面が表示されるので、[コンテンツ]をクリックします。
  3. [Javaを有効にする]、[JavaScriptを有効にする]にそれぞれチェックを入れて、[OK]ボタンを押します。

Google Chromeの場合

  1. ブラウザのツールバーのレンチアイコンをクリックします。
  2. [オプション] (Macの場合は [環境設定])を選択します。
  3. [高度な設定] タブをクリックします。
  4. [プライバシー] セクションの [コンテンツの設定] をクリックします。
  5. [Javascript]の[すべてのサイトでJavascriptの実行を許可する]にチェックを入れます。

Operaの場合

  1. [ツール]メニューから[設定](Macの場合は [opera])をクリックします。
  2. [コンテンツ]をクリックして[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れて、[OK]ボタンを押します。

Safariの場合

  1. メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。
  2. 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。
  3. [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。
  4. 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。

Android 標準ブラウザの場合

  1. 標準ブラウザの画面で、メニューボタンを押します。
  2. [その他]から[設定]を選択します。
  3. [設定]の[JavaScriptを有効にする]を、チェックします。

iPhone/iPod touch/iPad 標準ブラウザの場合

  1. iPhoneのホーム画面で、[設定]を選択します。
  2. [設定]から[Safari]を選択します。
  3. [セキュリティ]の[JavaScript]を、[オン]にします。
ページの先頭へ